トリキュラーは人気のある低用量ピルで、避妊効果や生理痛改善などに効果があります。ピルであるトリキュラーに不安を感じている方は、これから説明することをしっかり理解してください。

笑っている女性と薬
  • ホーム
  • (低用量ピル)マーベロンの効果と副作用

(低用量ピル)マーベロンの効果と副作用

笑顔の女性

マーベロンは低用量ピルの1つです。
エチニルエストラジオールとデソゲストレルという、女性ホルモンと同じ作用を行う成分が主成分として配合されています。
服用する事で、どのような効果を得られるのかチェックしてみましょう。

ピルの効果といえば、やはり「避妊」が有名です。
マーベロンも正しく服用すれば、ほぼ100%の確率で避妊の効果を得られます。
避妊目的で服用するというイメージが強いピルですが、マーベロンは他にも様々な女性に嬉しい効果を発揮するのが特徴の薬です。

生理痛の軽減や正常な生理周期へと戻すなども、マーベロンを服用して得られる効果です。
マーベロンは子宮内膜が厚くなり過ぎるのを防ぐ働きがあります。
子宮内膜が過剰に厚くなってしまうと、いざ生理が始まった時に痛みを感じやすくなるようです。
また、子宮内膜が厚くなり過ぎる事によって、月経量も増えてしまいます。

マーベロンを服用しておけば、過剰に子宮内膜が厚くなってしまうのを抑えられるので結果、生理痛を緩和できるなど、生理時の不快な症状を軽減する事が可能です。
生理周期が不順という方も、マーベロンでの治療で正常と言われている28日の周期へと整える事ができます。

上手くマーベロンを活用すれば、女性のライフスタイルの質をアップできるでしょう。
マーベロンを活用してみたいという場合、クリニックで処方してもらうか通販で購入して、手に入れる2つの方法から選択します。
産婦人科やレディースクリニックであれば、処方しているクリニックも多いでしょう。
もし、近くにマーベロンを取り扱っているクリニックが無いという場合は、インターネット通販で手に入れる方法を選んでみても良いかもしれません。

インターネット通販であれば家にいながら、手軽に医薬品を購入できるので便利です。
ただし、中には偽物を取り扱っているサイトもあるため、信頼できる業者を選ばなければいけません。
情報を集めて安全性・信頼性の高い業者から通販するようにしましょう。

マーベロンの副作用と服用時の注意

マーベロンは第三世代と言われる、低用量ピルの中でも特に副作用が起こり難いように作られています。
ですが医薬品には副作用がつきものです。
副作用が起こり難いと言われているマーベロンであっても、場合によっては服用後に何らかの症状を感じるかもしれません。

マーベロンで起こる副作用として挙げられるのが、吐き気や急な嘔吐、頭痛、むくみ、胸のハリや痛みです。
このような症状はマーベロンを服用して女性ホルモンのバランスが、生理中や妊娠初期と似たような状態となるため起こります。
副作用が起こると聞くと心配になりますが、かりに症状が出たとしても服用を続ければ、ホルモンバランスに身体が慣れて自然と収まっていくので安心しましょう。

ただ場合によっては、危険な副作用を起こす可能性がある方もいるので注意が必要です。
35歳以上で1日15本以上の喫煙をする方や、血栓性静脈炎や肺塞栓症などの症状がある方などは、マーベロンを服用すると血栓ができやすくなります。
この条件に当てはまる方はマーベロンの服用は禁止されているので、服用しないようにしましょう。

マーベロンを活用するという場合、副作用以外にも注意したいポイントがあります。
それは飲み忘れをしないという事です。
マーベロンに含まれているデソゲストレルと、エチニルエストラジオールの量は1日分しかありません。
飲み忘れてしまうと女性ホルモンバランスが変わり、排卵してしまう可能性が出てきます。
避妊の効果が無くなってしまうため、特に避妊目的で服用したい方は飲み忘れないよう注意しましょう。

また、飲むタイミングもできるだけ毎日、同時間帯にするのがおすすめです。
服用する時間がずれてしまうと、やはり女性ホルモンのバランスが変わってしまう恐れがあります。
起床した時に飲むなど自分で服用するタイミングを決めておいて、毎日同じ時間帯に飲むようにしましょう。

関連記事