トリキュラーは人気のある低用量ピルで、避妊効果や生理痛改善などに効果があります。ピルであるトリキュラーに不安を感じている方は、これから説明することをしっかり理解してください。

笑っている女性と薬
  • ホーム
  • 緊急避妊薬のアフターピルの正しい飲み方は?

緊急避妊薬のアフターピルの正しい飲み方は?

笑っている女性

避妊具をせずに性交渉を行ってしまった場合、妊娠してしまう可能性があります。
望まない妊娠をしてしまい中絶手術となると、身体的・精神的にも大きな苦痛となってしまうでしょう。
このような事態を避けるために、万が一に備えて「アフターピル」の存在を知っておく事をおすすめします。

アフターピルは緊急避妊用ピルとも言われるもので、文字通り緊急的に避妊の効果を得られる薬です。
通常、ピルで避妊の効果を得る場合、毎日服用し続けなければいけません。
ただ、ピルを服用している女性ばかりではないので、場合によっては避妊が上手くいかず妊娠してしまう危険性も出てきます。

アフターピルは通常のピルのように、毎日服用するタイプの薬ではありません。
性交渉を行った後に服用しても避妊の効果を得られるのが特徴です。
性交渉を行った72時間以内に服用をすれば、妊娠を回避できると言われています。
ここで注意したいのが、72時間という時間の目安です。
72時間以降に服用した場合、避妊の確率が下がってしまうので注意しましょう。

より、確実に妊娠を回避したいのであれば、アフターピルは性交渉後約24時間以内に服用する事をおすすめします。
24時間以内に服用すれば約95%と高い確率で、避妊の効果を得られるためです。
性交渉後に服用しても避妊の効果を得られるアフターピル、女性としては自分を守るためにも持っておきたい薬と言えます。

しかし、通常のピルよりも多く女性ホルモンの1つ、黄体ホルモンと同じ働きをする成分が配合されている事もあり、場合によっては副作用が出るケースもあるようです。
アフターピルで報告されている副作用としては、吐き気やめまい、頭痛やむくみといった症状が挙げられます。
医薬品ですので副作用が起こるというリスクはあるものの、もしもの時には女性の味方になってくれる薬です。
万が一の時に備えて事前にアフターピルを手に入れておいてみてはいかがでしょう。

アフターピルはクリニック以外でも入手できる?

アフターピルは婦人科などのクリニックを受診すれば、入手する事ができます。
ただ、中には「クリニックを受診する事に抵抗がある」、「できるだけ早く服用して妊娠を回避する確率を高めたい」という方もいるでしょう。

クリニックを受診したくない、日頃から手元に置いておきたいという方の場合、インターネット通販で手に入れるという方法もおすすめです。
「医薬品を通販で購入できるの?」と、気になる方もいるかもしれませんが、代理輸入業者が運営している通販サイトを利用し海外から、医薬品を取り寄せる事ができるようになっています。
面倒な手続きはすべて業者が行ってくれるので、手軽に海外から購入できる点が魅力です。

インターネット通販であればわざわざクリニックを受診せず、家にいながらアフターピルを購入できます。
しかも、国内のクリニックでは取り扱いがない、アイピルをはじめとするジェネリック医薬品も購入できるのが特徴です。
ジェネリック医薬品は先発医薬品と比較すると、かなり価格がリーズナブルです。
金銭的な負担を減らしてアフターピルを手に入れられます。

アイピルはアフターピルのジェネリック医薬品の中でも特に有名な薬です。
性行為後72時間以内に1錠の錠剤を服用するだけで、避妊の効果を得られます。
ジェネリック医薬品といっても先発医薬品と同じ、レボノルゲストレルという有効成分が配合されているので、正しく服用すれば高い確率で妊娠を回避する事が可能です。

もしもの時に備えて事前にインターネット通販を利用し、アフターピルをお守り代わりとして持っている女性も少なくありません。
ただし、インターネット通販の場合、偽物も多く出回っているので信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

関連記事