トリキュラーは人気のある低用量ピルで、避妊効果や生理痛改善などに効果があります。ピルであるトリキュラーに不安を感じている方は、これから説明することをしっかり理解してください。

笑っている女性と薬
  • ホーム
  • 生理痛の原因はホルモンバランスの乱れ?

生理痛の原因はホルモンバランスの乱れ?

月経が周期的に繰り返されるのは月経に関係しているエストロゲンとプロゲステロンというホルモンが安定して分泌されているからで、生理痛が起こる原因にもこれらのホルモンが大きく関与しています。

女性の体は視床下部から出されるホルモンの働きによって、排卵の時期にエストロゲンの量が最大になるようになっています。
排卵を終えた後には徐々にプロゲステロンの量が増えていくことで子宮の中の子宮内膜という部分を厚くして受精卵が着床できるようにします。

生理痛は受精卵が着床できるように厚くなった子宮内膜がはがれおちる時に起こります。
この時にプロスタグランディンという痛みを感じる物質が分泌されることで痛みを感じますが、なんらかの原因でプロスタグランディンが通常よりも多く分泌されることで痛みが強くなることがあります。

このプロゲステロンという物質が過剰に分泌される原因のひとつがエストロゲンとプロゲステロンの女性ホルモンの乱れです。
エストロゲンとプロゲステロンのバランスが乱れる時というのは、脳の視床下部から女性ホルモンを分泌させる作用が変化した時に起こります。
視床下部は自律神経の司令塔としての役割も果たしており、自律神経の乱れによって女性ホルモンの分泌まで乱れることがあります。

自律神経が乱れる時というのは、不規則な生活をしている時や食生活が乱れている時、運動不足の時など生活習慣が大きく関係しています。
また精神的なストレスが原因となって自律神経を乱すこともあります。
脳の視床下部はストレスに非常に弱い部位で、精神的、身体的なストレスが加わると、それが視床下部にとっては大きな負荷となり、女性ホルモンを分泌させる指令がうまく出せなくなります。

生理痛はこういった女性ホルモンのバランスがもとになり、いつも以上に痛みが強くなるということがあります。
他には子宮筋腫や子宮内膜症などの婦人科系の病気が原因となって、生理痛がひどくなることもあります。

ホルモンバランス乱れを改善する方法は?

生理痛がひどく、月経のたびに苦痛が強い場合には、ホルモンバランスの乱れを改善するという方法で生理痛を軽くできることがあります。

まず生活習慣が原因だと考えられる時には、原因となっている生活習慣を改善できるように意識してみましょう。
生活習慣の乱れは一度クセになってしまうとなかなか直しづらいという一面もありますが、ひとつずつ改善していくことで徐々に整えることができるようになります。
まずは自分ができそうなところから少しずつ意識をしてみることが大切です。

睡眠不足の生活を送っている時には、なにが睡眠時間を削ってしまっているのかを考えて、できるだけ無駄をなくして睡眠時間を確保できるように心がけます。
不規則な生活もホルモンバランスを乱すため、できるだけ同じ時間に就寝して同じ時間に起床するようにできると望ましいでしょう。

食事内容に関しては、外食が多かったり総菜やファーストフードを食べることが多いと栄養バランスが乱れがちになるので、できるだけ自炊をしたりして食事の栄養がバランスよくとれるように気をつけます。
さらに、食事時間もできるだけ一定にすると理想的です。
食事の時間を決めることで生活リズムも整うので、そういった意味でも食事時間には気をつけるようにします。
アルコールを飲む機会の多い人はアルコールの取り過ぎにも注意したほうが良いでしょう。

さらに適度な運動を生活の中に取り入れることも大切です。
毎日の生活の中でなるべく体を動かす機会を作り継続的に運動をするようにしましょう。
喫煙の習慣がある人の場合にはできれば禁煙をして、受動喫煙の可能性がある場合には、煙を吸ってしまわないように注意をしましょう。

こういったことに気をつけて生活を送るようにするとホルモンバランスが整いやすく、その結果生理痛の緩和にもつながります。

関連記事