トリキュラーは人気のある低用量ピルで、避妊効果や生理痛改善などに効果があります。ピルであるトリキュラーに不安を感じている方は、これから説明することをしっかり理解してください。

笑っている女性と薬
  • ホーム
  • トリキュラーを飲んでいると太ることがある

トリキュラーを飲んでいると太ることがある

トリキュラーは低用量ピルのひとつですが、トリキュラーを含めて低用量ピルを服用すると副作用によって太ると言われています。
トリキュラーなど最新の低用量ピルは太りにくいとも言われていますが、この太る理由を知っていれば太るのを防ぐことができますし、そもそも無条件に太るというわけではなく太らない女性もいるものです。
このためトリキュラーで太らないようにするためには低用量ピルを服用することで太る仕組みを理解することが大切になります。

トリキュラーを含めて体重に影響を与える原因としては体内の水分が増えることでむくみが出ること、脂肪が付きやすくなること、加えて食欲に負けてしまうことです。
この原因はいずれも低用量ピルが女性ホルモンを補充することで、いわゆる妊娠しているような状態にすることにより避妊効果を得ていることが根本にあります。
このためピルの中に含まれる女性ホルモンのエストロゲンが腎臓から身体の塩分を排出するのを抑える働きがあります。
これによって塩分バランスを取るために体内の水分量が多くなり、これがむくみの原因となって体重が増えてしまうことです。

また擬似的とはいえ妊娠をしていると身体が錯覚することで脂肪が付きやすい状態にあります。
そもそも女性ホルモンのエストロゲンは女性らしい身体を作ることに作用するため、その作用によって乳房や太股、腰回りなどの皮下脂肪が増えることになり、これが体重が増加する原因のひとつです。
それに食欲に関しても増進することがあり、ついつい食べすぎてしまうといったことから体重が増えるとされています。

なお、ピルの成分が直接の原因で太っていた場合には、休薬期間には体重が減少する傾向にあります。
ただいずれにしても太る原因としては体内の塩分濃度の増加によるむくみか女性ホルモンの作用によって脂肪が付きやすい状態になっていることが考えられます。
特に食事に気をつければそれほど大きな副作用とはいえず、むしろコントロールすることで女性らしいプロポーションを手に入れることもできるものです。

トリキュラーを飲みながら太らない方法

トリキュラーを飲みながらも太らないようにする方法としては、食事に気をつけることです。
太る原因として水分増加によるむくみと皮下脂肪が付くことによるものがあります。
また食欲が増すことも大きな原因です。

むくみを解消する方法としては塩分の摂取量を減らすことがポイントですが、一方でカリウムが含まれる食べ物を取ることで塩分排出を助ける方法もあります。
カリウムが豊富に含まれている食品としてはパセリ、アボカド、納豆、にんにく、アジや豆類などがあります。
またビタミンEは血行を促進するので血液の流れをよくすることでむくみ解消に役立てることができ、クエン酸は代謝を促進することで水分の排出を手助けしてくれるものです。
ビタミンEは魚介類やアーモンドなどに豊富に含まれクエン酸はレモンやグレープフルーツなどの柑橘類やフルーツに多く含まれています。

一方で脂肪が付きやすい身体になっているため食事制限も重要です。
特に砂糖のとりすぎは身体の脂肪を増やすだけでなく水分が体内にたまる原因にもなります。
また食事制限によっても水分の排出される量は限られ、マッサージや運動などによって滞った水分の流れをよくすることで体重の増加を防ぐことができます。
また運動を同時に行って身体を引き締めることでよりよりプロポーションにすることができるものです。

なお、ピルを服用すれば誰もが太るというわけではなく個人差が大きくあり、普段の生活をしていても何ら影響がない人も多くいます。
ただ、それでもピルが原因で太ったと思わないためにも、ピルを服用中は普段以上に健康に気をつけることが大切です。
また避妊効果だけでなく女性ホルモンの作用によって美しい状態にするといった意味でも食事を運動に気をつけることが効果的にピルを使うポイントになります。

関連記事