トリキュラーは人気のある低用量ピルで、避妊効果や生理痛改善などに効果があります。ピルであるトリキュラーに不安を感じている方は、これから説明することをしっかり理解してください。

笑っている女性と薬
  • ホーム
  • トリキュラーの飲み始めは副作用が出やすい?

トリキュラーの飲み始めは副作用が出やすい?

手の平にある薬

トリキュラーと言えば、日本では最も有名な低用量ピルとして知られています。
数多くの病院でも処方されており、安全性においても高い信頼を得ています。
しかし、いくら実績のあるトリキュラーと言えども、薬である以上は副作用の危険性もゼロではありません。
特に服用を始めた最初の時期に最も強く副作用が現れることが多いので、初めてトリキュラーを服用する人は注意が必要です。

トリキュラーの副作用は、薬によるホルモンバランスの急激な変化に、身体が順応できずに起きると考えられています。
一般的に女性は生理と生理の間に約1ヶ月の期間があり、時期に応じて卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量やバランスが変化します。
ここでトリキュラーを服用すると、人工的にホルモンバランスを変化させるため、身体が混乱して正常に機能することができません。

その結果、頭痛や吐き気、倦怠感や足の浮腫みなど様々な不調が発生します。
全ての人に副作用が発生するわけではありませんが、初めて利用する時ほど発症する可能性は高まります。
頭痛も吐き気も、どの程度の重さになるかは個人差が大きいので一概には言えません。
しかし、身体がトリキュラーになれるに従って症状が落ち着いていくので、日常生活に支障が出るほど重い副作用でない限りは様子を見ていても良いでしょう。

また、トリキュラーはごく稀に血栓症という血の塊ができる副作用もあり、毛細血管を詰まらせて重篤な状態になってしまうケースもあるので注意が必要です。
最初にトリキュラーを服用してから3ヶ月が最も血栓症のリスクが高いとされているため、この期間は特に体の不調や生活習慣に気を配っておかなければなりません。

トリキュラーは飲み初めに最も副作用のリスクが高まるため、服用した人の中には自分には合わないと早々に服用を中止してしまう人も多いです。
副作用が現れること自体は決して珍しいことではないので、発症した際に正しく対処できるように知識を付けておきましょう。
また、正しいトリキュラーの飲み方を事前に調べておくことも副作用のリスク軽減に繋がります。

副作用はいつまで治まるの?対処法は?

トリキュラーの場合、副作用がいつ頃落ち着いてくるかは人それぞれです。
数日ですっかり症状が落ち着く人もいれば、1シート飲み終えてもなかなか治まらない人もいます。
いずれにしても、服用を続けていれば2ヶ月から3ヶ月以内には副作用が落ち着くことが多いので、過剰な心配は必要ありません。

病院でトリキュラーを処方してもらう場合も、基本的には1ヶ月分ずつしか渡してもらえません。
これは服用によって吐き気や頭痛などの副作用が現れないか、体質に合っているかを医師が慎重に見極めながら処方するためです。
3回目の処方あたりから、2ヶ月分や3ヶ月分などまとめて処方してもらえることもあるため、一般的にはその時期には副作用の心配が低くなると考えられます。

服用後に副作用を感じた場合、放置するのはあまり良い対処法とは言えません。
症状が軽くてすぐに落ち着いた場合はそれでも構いませんが、そうでない場合は早めに医師に相談しましょう。
副作用が重い場合は、トリキュラー以外の低用量ピルに切り替えることもできます。
切り替えると副作用が軽く済むこともあるので、医師に相談してみてください。

病院での処方ではなく通販などで自分でトリキュラーを購入した場合は、医師に相談することはできません。
この場合も基本的には病院処方と同じように、トリキュラー以外の低用量ピルへと切り替えてみましょう。
ただ、体質的に低用量ピルに対して副作用が出やすい人もいるので、強い副作用を感じた場合は一度医師に診察してもらった方が安心です。

トリキュラーは服用を中止すると正しく使用できませんが、やはり性行為より自分の健康の方が大切です。
副作用が出ている場合はその月の避妊は諦めて服用を一度中止し、病院へ行くことをお勧めします。

関連記事