トリキュラーは人気のある低用量ピルで、避妊効果や生理痛改善などに効果があります。ピルであるトリキュラーに不安を感じている方は、これから説明することをしっかり理解してください。

笑っている女性と薬
公開履歴
多くの薬

トリキュラーは日本国内でも人気のある低用量ピルです。
トリキュラーは低用量ピルの中でも第2世代という分類に入り、さらに段階型という種類に分類されています。
これは含まれる女性ホルモンの量が段階的に変わる種類です。
トリキュラーに入っている黄体ホルモンはレボノルゲストレルというもので、卵胞ホルモンとしてはエチニルエストラジオールといったものが入っています。
どちらも本来の女性の身体の中で分泌される女性ホルモンの量と似たような分泌量になるように、生理周期の中で量が変化するように作られています。
レボノルゲストレルは生理周期の初期の頃が一番少なく徐々に量が増えていくようになっています。
そしてエチニルエストラジオールは生理周期の初期と終わりが少なく、ちょうど中間の時期が最も多くなるように調整されています。
トリキュラーはこういった作りになっているために服用する時期を間違えないようにする必要があります。
ピルの中には全ての錠剤で同じ量のホルモンが含まれているタイプもあり、そういったものでは順番を気にすることなく飲むことができます。
トリキュラーの場合には服用する順番を間違えると、きちんと避妊効果が出ないことがあるのでしっかりと順番通りに服用することが大切です。
順番通りに飲み忘れなく服用していればトリキュラーは高い避妊効果を持つ優秀な低用量ピルです。
もうひとつのトリキュラーの良さは不正出血が起きにくいということです。
不正出血はホルモン量の変化など様々なことが要因となって起こりますが、トリキュラーは含まれるホルモン量を自然な流れに沿って変化させています。
女性の体にとってかかる負担が減り、不正出血も起こりにくくなると考えられます。
低用量ピルのひとつであるトリキュラーは自然なホルモン分泌の量の変化に合わせて作られているためピルによる身体の負担が少なく、避妊効果も高い薬です。
しっかりとした効果を出すためには順番を守って服用することと飲み忘れをしないようにすることが重要です。

トリキュラーを手に入れるには処方か個人輸入

トリキュラーは低用量ピルなので、手に入れるためには産婦人科を受診して医師の診察を受けて処方してもらう必要があります。
市販薬ではないので薬局等で自分で購入することはできません。
トリキュラーに限りませんが治療目的ではなく避妊目的でピルを処方してもらう時には保険が適用されません。
そのため、全て自費負担で支払いをしなくてはいけません。
また継続して服用したい時には、その都度病院を受診して処方をしてもらう必要があるので、時間的にも余裕が必要になります。
トリキュラーを手に入れるもう一つの方法が個人輸入をしている場所のものを通販で購入することです。
個人輸入といっても自分で海外のお店と連絡をとって購入するのではなく、個人輸入をしているものを通販で購入するだけなので、通常の通販と手順は大きく変わりません。
情報も出ているので自分で調べて、好きなものを購入することができます。
普通の通販との違いは海外製のものになるので、為替の影響を受けることがあり、購入時期によって値段が上下することがあるという程度です。
その他には特に大きな違いはありません。
そして購入する量も自分で選べるので、長期間服用すると決めているものであれば、量がたくさん入っている商品を購入するようにすると1錠当たりの値段がかなり抑えられます。
ただ初めて購入する時には身体に合うかどうかわからないので、まずは少量入りのものを試してみて、飲み続けることができると判断してから、たくさん入っているタイプのものを購入すると失敗せずに済むと思います。
時間がないという理由でピルの服用が中断してしまう人がいますが、個人輸入の通販を上手に利用すると病院を受診することなくトリキュラーが手に入ります。

記事一覧
手の平にある薬

トリキュラーと言えば、日本では最も有名な低用量ピルとして知られています。 数多くの病院でも処方されて...

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ